ダイビングはこんなスポーツです

レジャー・スポーツとしてのスキューバダイビング

ダイビング

スキューバダイビングは空気を詰めたタンクを使用して潜水を行うマリンスポーツです。

職業として潜っていない一般ダイバーの場合(レジャー・スポーツとしてのダイビングの場合)、最大深度は約40m、圧力の関係で潜水時間は異なるが通常40分から100分程度の時間で予め立てた潜水計画に従って潜ります。

 

潜るためにはCカード(ライセンス)の取得が必要になります

Cカード

水中で楽しむスポーツですので、正しい知識とルールを身に着けないと危険な事故に繋がってしまいます。

そのため、スキューバダイビングを安全に楽しむための様々な知識や決まりごとがあります。

その決まりごとを学ぶ場所が「ダイビングショップ」になります。

ダイビングショップで講習を終えると、ダイビングに必要な知識を勉強した証明書(ライセンス)が発行され、この証明書を「Cカード」と呼びます。

Cカードはダイビングの決まりごとを作った「指導団体」が発行するもので、国内だけでも40近い団体が存在しています。

 

Cカードを取得すればあなたもダイバーの仲間入りです

ダイバー

国内はもちろん、世界中のビーチリゾートや海岸沿いには「ダイビングサービス(ダイビングショップ)」と呼ばれる店舗があります。

ダイビングサービスはダイバーにタンクや器材を貸したり、海の情報を提供、ガイドとして海中の案内などを行なっています。(基本的にタンクは自分で購入せず現地でレンタルします)

Cカードを所持していれば、世界中どこの海でも潜ることができますが、場所によっては一定のスキル(カードランク)が求められる場合があります。

一定以上のスキルを証明するために、海外などでは今まで潜ってきた潜水記録である「ログブック」の提示が必要なことがあります。

ダイビングのライセンスは講習を受けることさえできれば誰でも取得することが可能です。

ライセンス取得後はスキルや経験に応じて、自分になりの潜り方や地域を見つけ、生涯の趣味として楽しめるのが大きな魅力です。

 

▲このページのTOPへ

新規会員登録

お試し学習

ログイン

ダイビング情報ポータルサイト ダイブネット

シーパスのツイッター

シーパスとは…

自宅に居ながらPCを使って学科講習が簡単に受けられる、忙しい方や少しでも費用を抑えたい方にお勧めのサービスです。 ダイビングのライセンス(Cカード)を取得するために必要な、学科講習が無料で受講できるEラーニングサービスです。

シーパスとは