ボートダイビング

エントリー地点の環境、海況を見てその場にふさわしいエントリーを行いましょう。

ボートダイビングでのエントリーには、いくつかの方法があります。ダイビング用のクルーザーや漁船でも船縁が一部取れるようになっていてデッキが設けられている船では、ジャイアントストライドエントリーでエントリーするのが基本となります。
通常の船のように船縁から入る場合は、バックロールエントリーが一般的ですが、フロントロールエントリーやサイドロールエントリーなどを使ったほうがいい場合もあります。
どんな方法でも共通した注意点は、エントリーの際、船縁などに引っかけたりしないようにゲージ、オクトパスをなどをしっかり抱えるなり肩にかけるなりすること、着水の際、マスク、レギュレーターが飛ばないように、しっかりマウスピースを噛み、マスクとレギュレーター、マスクストラップを押さえることです。
そして着水面をしっかり確認し、前にエントリーしたダイバーはもちろんその他の危険がないかどうか確かめること。
着水したら、次にエントリーするダイバーのために船縁から離れること、などです。

ボートダイビングでのエントリーの注意点

着水したら次は潜降となります。
ボートダイビングの場合、アンカリングやブイが打ってある場合はロープ潜降ができるので、ビギナーならばゆっくりと耳抜きをしながら、ロープ伝いにフィートファーストで潜降していけばいいでしょう。逆にロープ潜降ができないようなポイントは、素早い潜降と確実な耳抜きができるようになってから潜るようにしたほうがいいでしょう。

ボートからのエントリー手段には、バックロールなどいくつかの方法があります。一番適したエントリー手段で海に入りましょう。

ボートからのエントリー手段には、バックロールなどいくつかの方法があります。一番適したエントリー手段で海に入りましょう。

エキジットは安全に素早く動きましょう。

ボートダイビングでの浮上は、途中で安全停止を行う場合が多々あります。
アンカーロープがある場合は、それに掴まって停止していればいいですが、ドリフトダイビングなどでのシグナルフロートをあげての安全停止の場合は、捕まって安全停止できないので、しっかり中性浮力が取れるようでなければなりません。
ビギナーはアンカリングやブイが打ってあるポイントのほうがいいというのは、こういう点にもあります。
安全停止を終え、水面に上がったら、まずBCに空気を入れ浮力を確保しましょう。
レギュレーターは船に上がるまではくわえておきます。
また、水面付近から水面上では決してボートのスクリューに近づかないようにしておくようにしましょう。

船に上がる際は、まずビギナーや女性から上がらせるのが一般的です。
ボートに上がる際は、フィンを脱いでから上がるのが基本です。片手でハシゴにつかまり、もう一方の手でフィンを外しましょう。
外したフィンは、ボート上にいるスタッフなどに渡して、両手をフリーにして上がるといいでしょう。
ウエイトを外してスタッフに渡してから上がる場合は、ウエイトベルトは、バックル部分を下に向けた状態で渡すようにしてください。そうすればウエイト玉が落ちるのを防げます。
年配の人や腰の悪い人たちは無理せず、船上のスタッフなどにウエイトやBC&タンクをはずして渡して、身軽な状態で上がるようにしましょう。

ボートダイビングでのエキジットの注意点

ボートに上がる際は、前の人が確実に上がり終わってから梯子に近づくようにしましょう。
前の人がバランスを崩して上の人が落ちてくる可能性だってあるのですから。
そして船上に上がったら、後から上がってくる人の邪魔にならないように、梯子から離れた場所に移動しましょう。

ボートダイビングでのエキジットの注意点

ウエイトをつける際の注意点

ボートに上がる際は、フィンを脱いでから上がったほうが安全です。
片手でハシゴにつかまり、もう一方の手でフィンを外しましょう。

←ビーチエントリー&エキジット

→潜降

学習内容を見る

ログイン

FAQはこちら

シーパス Twitter

認証団体

ADS国際ダイビングスクール協会